calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

上のコの気持ちがわかるものとしては。

前にもどこかで書いたと思うのですが、姫とミニーは年も近く、
私は姫をお姉ちゃん扱いをむやみにしないようにしていて、私が姫をお姉ちゃんと呼ばないので、ミニーも姫のことを名前のちゃん付けで呼んでいました。

1年くらい間の話。姫年長(5歳)、ミニー年少(3歳か4歳くらい)のとき。
年長さんというのは保育園で一番のお兄さんお姉さんなので、上であるという意識が強くなったことと、年長で転園してきたのでミニーを説明することで妹がいて自分は姉なのだということを認識したんじゃないかと思います。

だからやたらこう言ったりするようになって、

ねーね1

ミニーに話しかけるときも

ねーね2

自分のことを「おねえちゃん」「ねぇね」言うようになった結果、

ねーね3

ミニーもこう呼ぶようになりました。

それを傍から見ていて、

ねーね4

と思った私は、自分が上の子で、しかも上って損だと感じている人間なので、
自分のことを姉と言って、それらしく振舞う姫を不憫に感じてしまいました。

そのときは自分はお姉ちゃんなんだ!って誇らしい気持ちになったんだと思うのでいいんですけどね。

でも、姫の性格からしても今後、年も近くて体の大きさも変わらない妹の姉をし続けると
辛いことになるんじゃなかろーかとなんとなく思ったりするのです。
上のコの気持ちがわかるものとしては。

せっかく双子みたいに育ててたのになぁ(笑)

まぁ、姫が姉を選びとった(?)ので、ほどほどにがんばっていただきましょう。
(それでも私は姫のことをミニーにいう時もお姉ちゃんではなく名前で呼ぶことにしてるんだけどね)

↓↓↓ランキング参加中☆まだバナー変えてない…
人気ブログランキングへ
↑↑↑だってもう眠いんですもの。ごめんなさい。


コメント
コメントする