calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

最初のハードルが高いんです

知ってました?いまや9月初日が始業式ではないということを。
と言っても、地域によるみたいなのですが、姫が通う公立小学校は8/26から始まりました〜

ここで、私の頭に浮かんだ言葉は、

もはや、ゆとりではない・・・!


いや、9月からのところがゆとりというわけではなく。
私もゆとり世代でもないんですが、小学生も大変なのね。と思った次第です。
私としては、約1ヶ月にわたった学童へ通う姫に持たせるお弁当作りから解放されるので、早めのスタートで嬉しいです。(しかも初日から給食あった)

私達のときって休み明け初日って午前中だけで帰ってきたりしなかったっけ?
やっぱりあれだな。もはやゆとりではないんだな(2回目)

というわけで、とっくに姫の夏休みは終了しております。

ところで、話し変わって本日の日記。春までさかのぼります。

夏休みの宿題の件は、また別記事でメモ的に書こうと思うのですが、1年生の宿題の話。
5月くらいからですかね、宿題が始まったのは。

音読1

うわさには聞いておったのですよ、音読という宿題があるということを。
自分達のときはなかった気がするなぁ。覚えてないだけであったのかなぁ。
まぁともあれ、音読の宿題ってやつは親が聞いてあげて音読カードにサインをするものです。
学童っこは、ほとんどの宿題は学童でやってくるのですが、
音読はおうちでとなるので、夕方帰ってきてから短時間にやること山盛りな私にとってなかなかしんどい。

音読宿題の初日。

ダッシュで色々終わらせて音読を聞くべく時間を作った私の前で、姫は

音読2

なんかめそめそしておった…


今日何かあったのか!?とか、さっき私がなんか言ったか!?とか考えてみたが、私にはさっぱり。
しかもなかなか理由を言わない子なので(さらにこういうめそめそがよくある子)
「泣いている理由がわからないのでちゃんと話して」と説得したところ、

音読3

人前で読むのが恥ずかしい気持ちはわかるが、人前ってあなた、

音読4

相手はママ(とミニー)だけですけど?


泣くほどか?泣くほどなのか?


前回姫(7歳)がめそっ子である話を書きましたが、
姫はメンタル弱めの、めそっ子で、怖がりで、心配症なのですが、その上極度の恥ずかしがり。

このあと、どうしたかというと、
教室で1人でみんなの前で読むことなんてこれからたくさんあることを話したり、励ましたり、なだめたり、色々してみたんですけど、最終的に効果のあったのは、

「じゃぁ、やらなくていいよ。連絡帳に書いてあげるから。」
でした☆

意図的に言ったわけじゃなくて、本当に無理だったら今日はいっか、時間かかる子だけどいつかできるだろうと思ったので言ったんですけどね。
姫は先生の言うことが絶対の子なので、「やる〜(涙)」とべそかきながら初日読んでました。よしよし。

2日目からは泣かずにできて、1週間後には私の前では堂々と読めるようになってました。
最初のハードルが高いんだよね、姫は。それを乗り越えちゃえば、わりかし大丈夫だと思うんだ。

いつか自分ではじめの一歩を乗り越えられるようになるまで、お付き合いいたしますよ。
(実際かなりめんどうですが。笑)

↓ランキング参加中☆
人気ブログランキング



コメント
コメントする