calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

果てしない出産物語−その1

出産時のお話。その1、入院からお昼まで。

フライングの後、眠りにつくが何度か痛くておきる。

4時頃横になっていられなくなり、ソファに座って耐える。
5時頃痛みの間隔が10分を切り7,8分になってきたので、
ダーリンを起こして病院と実家に電話。

6時頃、病院へ到着。

内診後、まだ子宮口は1.5cm。陣痛室で子宮口が開くまで耐えることに。
4人部屋で(カーテン仕切り)私はその部屋の3人目。

最初に来ていたと思われる妊婦さんが息も絶え絶えに叫んでいる!
ダーリンと私は顔を見合わせる。
苦笑いをしつつ、私はコワイ・・・と内心おびえるが、引き返せないし!

8時頃、朝ごはんが出る。
5分おきくらいにくる痛みの波を避けつつ、ほぼ完食。
(うちの病院はご飯がおいしいで有名なのだ)
痛い時は人と話ができないくらいだけれど、波が去れば普段と変わらず。
ダーリンと話したり、親と話したり。

最初に来ていたと思われる、叫んでいた妊婦さんは午前中には分娩室へ運ばれていった。
一人め、クリア。

次に来ていたと思われる妊婦さんのカーテンの方では
旦那さんがナースコールを呼ぶ声が。
もどしてベットを汚してしまいましたとのこと。

ダーリンと私は顔を見合わせる。
リバース!!!そんなことあるんだ!
ダーリンと私は自分も吐くことになったらどこに吐くかをシュミレーション。
(トイレまでは間に合わないので、ゴミ箱に吐くことに決定)

そのうちに4人目がやってきた。

私は結構痛くなってきていて痛みの波がくると、
ダーリンと母に腰をさすってもらい痛みを逃そうと必死。
でも、痛くて目の焦点が合わない感じになっていました。

そうしたら、看護士さんに
「まだまだなんだから、お産モードに入っちゃだめよっ!」
活を入れられる・・・


このとき確か子宮口2cm、まだ2cm!痛みを逃すための深呼吸をしながら、
2cm・・・まだまだ・・・とガックリ。

その2へ続く


コメント
あ。あたし助産師さんに言われましたよ。
「吐き気ある?」って。。
そんときは無かったんですけど、数分後から吐き気に襲われ、本当に吐いてしまうんじゃないかと思いました(笑

確かに陣痛逃してるときや、出産のときのもだえ声を聞くと不安になりそうですねー。
まぁ、でもアレですよね。「痛い」とかじゃなく、もうそんなのも超え、「なるようになる」とはこのことだなぁとか思ったりしました。

出産お疲れ様です。
わざわざあたしのブログにもコメント残していただき、ありがとうございました☆
うわ〜うわ〜うわ〜!
なんか読んでるとドキドキしちゃいます。
続きが気になります〜!!
思わず、がんばれっ!!って応援したくなったりして(笑)
>あいかさん
いやいや、私は本当に吐いてしまったのですよ・・・
続きをアップしますけど。
「なるようになる」ですよねー。
でも、私は弱音吐きまくりだった気がします。

>まりこさん
応援ありがとうございます(笑)続き、アップしますね。
ほんとうはもっと日記やら写真やらアップしたいのに、
いつも途中でうちのこの呼び声(泣き声)に中断されちゃってまして。

早く書かないと忘れちゃう!

  • 管理人
  • 2006/08/18 2:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック